司法書士として活動をするために必要なこと

司法書士試験に合格したら

試験に合格して司法書士登録をすれば、晴れて司法書士として活動することができます。といっても一度どこかの事務所で何年か修行してノウハウを学んでから自分の事務所を開くのが一般的です。司法書士も自分で事務所を開けば経営者です。その点では会社経営者と何の変りもありません。営業や経理など経営者であれば誰もがやっていることを実践して、事務所を運営していかなければなりません。
司法書士の仕事の中身としては、大きく不動産登記と商業登記に分けることができます。最近では過払い金や任意整理といった債務整理を専門に行っている司法書士もいるようです。さらには、高齢化社会にともない成年後見人として活躍する司法書士もたくさんいます。

司法書士の仕事の中身をみてみよう

司法書士の仕事の中身をもう少し詳しく見てみましょう。まず、不動産登記ですが、イメージ持ちやすいのは、相続による所有権移転登記ではないでしょうか。いわゆる名義変更というやつです。これは亡くなった人から相続人へと名義を変更して、来るべき売却や賃貸に備えるための登記です。もちろん相続人自ら登記をすることはできますが、申請書の作成や必要書類の収集等が煩わしいので司法書士に依頼するわけです。
次に商業登記です。会社設立が商業登記の花形といっていいでしょう。司法書士は定款作成や申請書の作成等の仕事を行います。会社成立後には役員変更や増資といった変更登記もやります。
最後に債務整理です。CMなどでよく見かけると思いますが、簡単に言えば過払い金を取り戻すための仕事です。過去に払い過ぎた違法利息を消費者金融や信販会社から取り戻すといった内容です。