司法書士になるためには?

専門学校などに通い集中的に勉強を!

司法書士になる為には普通、司法書士試験と呼ばれる国家試験に合格する必要があります。
司法書士試験には制限が無いので年齢性別問わず誰でも受けることが出来ますが、その分極めて難易度が高いことでも有名で、その合格率は受験者の3%程度と言われている非常に狭き門です。

その為、司法書士試験合格を目指す者のほとんどが、専門学校などに通い勉強します。
人によっては独学での試験突破を目指されている方もいるかもしれませんが、よっぽど適性がない限り難しいでしょう。オススメはできません。

司法書士試験の専門学校ならプロの一流講師による効率的なカリキュラムで合格をサポートしてくれます。
特に本気で司法書士になりたい方にとってはスタンダードかつ最も試験突破の合格率が高い方法としてオススメです。

10年以上かかる反面、最も確実性の高い方法!

司法書士になる方法として最も確実性が高いのが、司法書士の資格認定に関する訓令に書かれているやり方を使う方法です。

つまり裁判所事務次官、裁判所書記官などの仕事で十年以上働いた上、司法書士の業務を行うのに必要な知識及び能力を有するかどうかを口述及び筆記でチェックしてもらい、それにパスすることで法務大臣に資格認定を求め、司法書士になることができます。

この方法であれば働きながら司法書士になれますし、司法書士にはなりたいけど試験に向いておらず合格できない方などにはオススメです。

ただしこの場合、裁判所事務次官をはじめ10年働く必要のある職種も、なるには難易度が高いものばかりなので、試験などの勉強そのものが苦手な方にとっては残念ながら厳しいでしょう。